金利が上昇したら変動金利は危険?

素朴な疑問なんですけど、今ってどこの銀行も変動金利って金利が低いじゃないですか

今はちょっと不安定ですけど、日経平均も上がってるってことは将来金利上昇する可能性が高いですよね

もしそうなったら変動金利だと結構危険なような気がするんですけど…

確かに金利が上昇する可能性っていうのは考えられるわね

でもよく考えてみて

変動金利の指標となっているのが日銀の金融政策における「無担保コールレート翌日物」って話はしたわよね

はい…なんとなく覚えてます…

今は金融緩和中で、しかも消費税も10%に引き上げられようとしてるわけじゃない

そうなると景気ってどうなると思う?

駆け込み需要の反動で若干冷え込むかもしれませんね

そんな状況で利上げするかしら

考えにくいですね

長い目で見ると金利が上昇する可能性っていうのはあるけど、そんな金利上昇局面にあるときって景気も上昇しているわけじゃない

はい

ってことは、それに応じて所得も増加しているという風にも考えられない?

あっ!そうですよね

そうなったら、返済額が増加しても所得が増加している可能性が高いから返済比率で考えるとどうかなって思うの

なるほど

それにね、金利が上昇したとしても5年間は一定なの

えっ?そうなんですか?

山田くん…ちょっと勉強不足ね…

すみません…

でも5年間は金利が一定だとしても、その後が…

その後の返済額は1.25倍が上限になっているから、仮に急上昇したとしても大丈夫なように対策はとられているわ

なるほど

ちょっと質問なんですけど、5年の間に適用金利が上昇しても返済額は変わらないとすると利息部分の返済は増えて元金部分は減っていくってことですよね

そうね

たとえば利息部分が毎月の返済額より多くなったらどうなるんですか?

はみ出た分は未払利息として計上されて返済終了時まで蓄積されるってことが多いわね

精算方法については金融機関によってマチマチだけど

えっ?それってめちゃくちゃ怖くないですか?

そうね

返済する側もそうだけど貸す側、つまり金融機関にとってもそうね

ん?どういうことですか

つまり、受け取ることができるはずの利息の一部が何年も先まで受け取れなくなるってことなの

あっ!そうか

つまり、金融機関にとっても景気回復の兆しがあっても所得が増加していないような状態での金利上昇っていうのはあまり嬉しくない状況にもなり得るってことですね

そういうこと

だから景気が回復したっぽいから利上げっていうのは今の状況で考えると非常にリスキーなことでもあるってことね

そんなことしたら、また景気が冷え込んでしまう可能性もあるから

なんか深い話ですね…

そうね

今の状況を考えると日銀も慎重にならざるをえないってことね

なるほど

それでこれも仮の話なんですけど、金利が上昇して固定金利へ変更するとしますよね

その時は何に気をつければいいですか?

そうね…

一番は毎月の返済額が増える可能性が高いってことね

現状で考えても変動金利より固定金利の方が金利が高いですもんね

そう

単純に毎月の返済額は増えるってことだけじゃなくて条件によっては返済額の内、元金に充当する金額も減る可能性もあるの

今までより余計に利息を支払う可能性もあるってことですね

そういうこと

変動金利から固定金利へ変更するのはいいんだけど、単純に全期間固定にするんじゃなくて金利上昇局面がいつまで続くのかということも考慮して5年固定とか10年固定っていう風に選択した方がいいわね

そう考えると金利だけじゃなくて経済自体がどんな感じで動いているかということを大局的に見て判断しないといけないってことですね

変動金利を選択するっていうのはリスクもありますけど「金利上昇したら危険」っていうのがひとり歩きしている気もしますね

そこはやっぱりもう少し実情を認識しないといけないなと思いました

SNSでもご購読できます。

コメントを残す