住宅ローン控除ってなに?

美穂さん

住宅ローン控除についておさらいしたいんですけど…

え?住宅ローン控除?

はい…

これって正式名称が住宅借入金等特別控除っていうんですよね?

そうよ

この住宅ローン控除は、マイホームを取得した際にかかる金融機関等からの借入れの年末残高に、一定の割合をかけたもの毎年所得税から控除するもので合ってますか?

そうね
これからマイホームを購入するのであれば…

年末の借入残高 × 1.0% = 毎年、所得税から控除される額

その説明の方が分かりやすいですね…

あと、住宅ローン控除額が所得税よりも大きく、すべて引ききれなかった控除額は翌年度の住民税から控除することができるの

なるほど

概要をまとめたのがこれね

【一般住宅の場合】

居住年 借入金等の年末残高(限度額) 控除率 各年の控除限度額 最大控除額
26年4月~31年6月 4,000万円 1.0% 40万円 400万円
2,000万円 1.0% 20万円 200万円

【認定長期優良住宅・認定低炭素住宅の場合】

居住年 借入金等の年末残高(限度額) 控除率 各年の控除限度額 最大控除額
26年4月~31年6月 5,000万円 1.0% 50万円 500万円
3,000万円 1.0% 30万円 300万円

※住宅取得の対価または費用に含まれる消費税の税率が8%もしくは10%以外の場合

あの…

認定長期優良住宅認定低炭素住宅っていうのは…

簡単に説明すると…

【認定長期優良住宅】

平成21年から施行された「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」に定められた、構造躯体の劣化対策や、耐震性、バリアフリー性などの基準をクリアしたもの

【認定低炭素住宅】

平成24年から施行されている「都市の低炭素化の促進に関する法律」で規定される、二酸化炭素の排出の抑制に資する建築物(低炭素建築物)だと証明された住宅のこと

しっかり覚えておいてよ

はい…

それで…住宅ローン控除の要件についてなんですが…

どうぞ

え~っと…

対象住宅

・借入金の返済期間が10年以上
・床面積(登記簿上)が50㎡以上

中古住宅の場合になると上記要件にプラスして…

耐火建築物25年以内
・それ以外の建築物で20年以内

これらの年数を満たさない場合でも一定の耐震基準を満たしていれば控除の対象となる

所得要件

合計所得が3,000万円以下

こんな感じですか?

そうね、おおまか合ってるわね

あと注意しときたいのが、この住宅ローン控除は土地の借入れ分も対象になるんだけど、土地を先に取得する場合は条件によって控除の対象とならない場合があるの

えっ?どういうことですか?

建売住宅(土地・建物を同時に取得するようなケース)は控除の対象となるんだけど、土地を先に取得して2年以内に建築し、さらに居住用家屋を目的とする抵当権が設定される建物でないと土地分の借入れは控除の対象にはならないの

あと、建物分の借入れがない場合(土地取得の借入れのみ)も控除の対象にならないから注意ね

ケースとしてはレアな感じがするんですけど、頭に入れておきます

あとは初年度は確定申告をしないといけないのが面倒だけど2年目以降は年末調整で控除が受けられるんですよね?

そうね

じゃあ、初年度の確定申告で必要な書類ってなにか分かる?

え~っと…これですか?

【確定申告時の必要書類】

①土地・建物の謄本(登記事項証明書)
②住民票の写し
③借入金の年末残高証明書
④控除額の計算明細書
⑤工事請負契約書・土地等の売買契約書(コピー)
⑥源泉徴収票

そうね

それと、もうひとつ注意しておきたいのが「繰上返済」

繰上返済ですか??

そうよ

繰上返済でも返済額軽減型なら問題ないんだけど、期間短縮型にした場合は注意しないといけないの

期間短縮型は毎月の返済額はそのままで返済期間を短縮するというものだから…

そう

もう半分くらい答えを言ってるようなものよ

えっ…

あっ!わかった!

期間短縮型の繰上返済したときに返済期間が10年未満になってしまったら住宅ローン控除が受けれないってことですか?

そういうこと

10年未満になった時点で控除が終わってしまうの

そういったケースの場合は、返済額軽減型の繰上返済をして貯蓄にまわすとか、次回の繰上返済用の資金にするといった方法を取るのがいいかもしれないわね

なるほど!

税金の控除とかって、何かと手続きが面倒な部分もあったりするけど、ちょっと我慢して制度の内容を確認しておいた方がスムーズに事を運べるってことですね

そういうことね

SNSでもご購読できます。

コメントを残す