ネット銀行の住宅ローン金利はなぜ低いのか

うわぁ~
ここも金利が低いなぁ~

お疲れさま

あっ、お疲れさまです
美穂さん、いいところに帰ってきてくれました

えっ?なに?
スイーツでも買ってきてくれたの?

まあ、山田くんがそんなに気が利くわけないわね

ははは…

で、どうしたの?

いや~
今、いろんな銀行の住宅ローン金利を確認してたんですけど、ネット銀行って金利がすごく低いですよね

そうね

なんでこんなに金利が低いんですか?

金利が低い理由としては

実店舗を持たないことでコストが削減できて、それが金利に反映されている点
そしてもうひとつが保証会社を使わずに金融機関が直接借主に貸すことで金利を下げているという点

これらがネット銀行の金利が低いことの大きな要因となっているの

なるほど!そんな仕組みになっていたんですね

ネット銀行って金利が低いし、保証会社を使ってないから保証料がかからないし、これからマイホーム取得を計画するならネット銀行がオススメですね

う~ん
確かに金利は低いし保証料は無料なんだけど…

えっ?
なにか問題でもあるんですか?

問題じゃないけど注意しなくちゃいけないことはあるわね

注意?

確かに金利が低いっていうのは非常に魅力的だけど、保証会社を使わないってことは仮に住宅ローンの借主が返済不能になったらそれがまともに金融機関に跳ね返ってくるの

えっ??どういうことですか?

もし、これが保証会社を使った住宅ローンだとしたら借主が返済不能に陥ってしまったとしても保証会社が金融機関へ代位弁済するから金融機関としてはリスクがグッと減るわけだけど、保証会社を使わないってことはローン残額を回収できないかもしれないというリスクを背負うということになるわけ。

それはリスクですね…

そういうリスクを回避するという目的もあって審査を厳しくしているネット銀行もあるの

そりゃ慎重になりますよね…

万が一、延滞などがあった場合は早めに競売とかの債権回収に走る可能性もあるし

競売ですか…
なんかその単語を聞くとドキッとしちゃいますね…

そうね
それとネット銀行は保証料ゼロ円ってよく言ってるけど、その分事務手数料が高めに設定されていたりするからそこもよく確認しないといけないわね

こうやって聞くと、金利が安いってだけで住宅ローンを選ぶのはよくないですね

毎月の返済は少なくなるけど諸費用も含めてトータルで計算したら実は多く支払っていたなんてことにもなりますね

そういうこと
それぞれの銀行のメリット・デメリットを事前に確認しておくことが大事ね

代表的な住宅ローンの保証料と事務手数料

【住信SBIネット銀行】
保証料 なし
事務手数料 融資金額の2%+消費税

【イオン銀行】
保証料 なし
事務手数料 融資金額の2.16%(税込)または10,800円+適用金利0.2%上乗せ

【ソニー銀行】(変動セレクト住宅ローン金利プラン)
保証料 なし
事務手数料 融資金額の2.16%(税込)
※住宅ローン金利プランの場合は一律43,200円

【三菱東京UFJ銀行】
保証料 一括前払い型または利息組込み型
事務手数料 32,400円
※借入金額1,000万円 借入期間30年 元利均等 元金返済据え置きなし
[一括前払い型]191,370円~765,480円
[利息組込み型]0円~574,110円

【りそな銀行】
保証料 一括前払い型または金利上乗せ型(適用金利+0.2%)
事務手数料 32,400円
※融資金額100万円あたり
[15年]11,982円~17,972円
[20年]14,834円~22,252円
[25年]17,254円~25,880円
[30年]19,137円~28,704円

SNSでもご購読できます。

コメントを残す