住宅ローンでよく聞く「抵当権」ってなに?

山田くん、何してんの?

部長からの指示で物件資料の整理をしていたんです

そう

美穂さん
さっき見てた物件資料に登記簿謄本のコピーがあったんですが、そこに「抵当権」ってのがあったんですけどあれってその物件を担保に入れてますよってことなんですか?

う~ん…ザックリ言うとそういうことかな

詳細は、債権者(住宅ローンを融資している金融機関)が債務(住宅ローン)の担保として債務者(住宅ローンを借りている人)が所有する土地・建物を債権者に提供していることを第三者に主張できるように登記しているということね

若干パニックですが、何となく全体像は…

この抵当権を設定していることで融資を受けた人が債務不履行や返済できない状況に陥ってしまった場合に担保になっている土地・建物を競売にかけるなどして債権を回収できるようにするの

もし土地・建物を売却しても残債が残ってしまったらどうなるんですか?

もちろん残債分に関しては借主が返済しないといけないわね

まあ、そうなりますよね…
これが競売ではなく売買だった場合はどうなるんですか?

どういうこと?

こういうことです

 teitouken

なるほど
任意売却ならこんなケースも考えられるけど、普通ならありえないわね

任意売却??

簡単に説明すると
ローンが払えなくなった時に融資を受けていた金融機関との合意を基にマイホームを売却する手続きのことを任意売却と言うの

任意売却してもローンの残債が残った場合はどうなるんですか?

債権者(金融機関または保証会社)との交渉次第だけど、債務者の状況をある程度考慮したうえで返済していくような形になることが多いみたいね

それで抵当権はどうなるんですか?

抵当権は抹消されるわ

そんな方法があるんですね

そうね
でも住宅ローンを貸す方借りる方望む形ではないけどね

そうですね…
そういえばさっき「普通ならありえない」って言ってましたけど…

抵当権がついている(ローンの残債がある)住宅の売買をするのであれば、契約前に抵当権の抹消ができるのかどうかを金融機関等に確認して契約を行なうのが通常の考えっていうこと

ただ、状況によって売買契約後でないと抵当権抹消の同意を得られるか確定しないといった場合なんかは特約(抵当権が抹消できなければ白紙解除)を入れて契約するはずよ

そんなケースがあったりするんですね
新築を購入する時もそうですが、中古を売ったり買ったりするときも抵当権に関しては任せっきりにするんじゃなくて自らも注意しておいた方がいいってことですね

SNSでもご購読できます。

コメントを残す