住宅ローンの審査ってどうなってるの?

山田くん
銀行に提出する事前審査の書類は揃ってる?

はい
揃ってます

じゃあ行くわよ

それにしても住宅ローンの審査ってどうなってるか謎ですよね

銀行毎に基準が違ったりするから余計にそう感じるかもね
あっ、そういえばこんなデータがあるの知ってる?

えっ、なんですか?

これよ

 2015-07-24_14h23_05

これは…?

国土交通省が公表した「平成26年度 民間住宅ローンの実態に関する調査」の一部で「融資を行う際に考慮する項目」のグラフなの

そうなんですね
で、これはどう見たらいいんですか?

数字が大きい項目ほど多くの金融機関が考慮してる項目という風に捉えることができるわね

へぇ~

こうやってみると「完済時年齢」「返済負担率」「借入時年齢」「担保評価」「勤続年数」「健康状態」「年収」はほとんどの金融機関が審査時に考慮してる項目なんですね

でも「カードローン等の他の債務の状況や返済履歴」85.6%しかないのは意外だったです

そうね
でも85.6%だからほとんど見てると思うわよ

そうですね…

この審査も以前に比べて変化しているの

そうなんですか

ええ

以前は「要綱審査」といって住宅ローンの可否判断に大きく影響を与えるものから順にお客さまからの情報を照らし合わせて判定する方法が主流だったんだけど、最近では「リスク計量化モデル審査」というスコアリング方式を取り入れている金融機関も増えているの

え~っと…
リスク…なんですか?

「リスク計量化モデル審査」

お客さんの属性、例えば「勤務先」とか「勤続年数」「年収」といったものを重要性に合わせてウェイト付け(加点減点)していって融資額を決めていくといった手法のことよ

簡単に言うとなにがどう違うんですか…?

「要綱審査」は住宅ローンの可否に重要とされている項目のうち、どれかが基準を満たしていない場合、ローンが否決になったりすることがあるんだけど「リスク計量化モデル審査」の場合は基準を満たしていない項目があったとしてもそれをカバーできるようなポジティブな要素があればローンがOKになることがあるの

つまり「要綱審査」に比べて「リスク計量化モデル審査」の方がより柔軟な審査内容ってことになるわね

おぉ!なるほど
っていうか美穂さん、どこでそんなこと覚えるんですか…?

まあ、いろいろよ(笑)

でもこれって事前審査も本審査も同じように審査するんですか?

基本的には同じような項目になると思う
ただ一般的には事前審査はローン申し込みをした金融機関本審査は保証会社って形になるわね

別なんですか?

ネット銀行のように保証会社を使わない場合を除いたらそういう形じゃないかな

でも2回も同じようなことをするって無駄な気がしなくもないんですが…

まあそう思うかもしれないけど、保証会社はローンを組んだ人が返済できなくなったときに金融機関に対して代位弁済するということもあって審査基準もシビアになっている事が多いの

どの企業もそうだけどできるだけリスクは回避しないといけないでしょ?

そうですね

だから事前審査がOKでも本審査でダメになったり減額になったりっていったことがあるっていうわけ

なるほど!
っていうことはですよ、美穂さん

ネット銀行はこの保証会社を使わないので審査基準が高く設定されているっていう風にも考えられますよね

そうね一般的にはそう考えられてるわね

住宅ローンの審査っていろんな動きをしているんですね

そうね

SNSでもご購読できます。

コメントを残す