固定金利で住宅ローンを組むメリットは?

美穂さん

昨日のお客さまの件なんですけど、住宅ローンを申込む銀行は決まったんですが「金利タイプ」ですごく悩まれていて…

金利タイプ?

はい

早い話が「変動金利」「固定金利」かってことなんです

なるほどね

で、そのお客さまが前に住宅展示場へ行ったときに

「金利が上昇するまでは変動金利にしておいて、上昇寸前で固定金利にしてはどうですか?」

みたいなことを言われたそうなんです

あぁ…よくある話ね

それで奥さんの方は変動→固定でって思ったそうなんですけど、ご主人さんがいつどうなるかわからないし、今の段階で住宅ローン金利は低い水準になっているんだから最初から固定でいいのではって考えられてるんですよね

意見が分かれちゃったと…

そうなんです…

その話を聞いたら、どんな提案がいいのかなって思っちゃいまして…

わたし個人の意見としては変動→固定はあんまりオススメしないわね

どうしてですか?

確かに変動金利は今すごく金利が低いから月々の返済額もグッと下がるし、この低い間に繰上返済の準備をしてっていうのもアリなんだけど、金利が上がるタイミングで金利タイプを切り替えるっていうのは少し実現性が低いかなとも思うわけ

ん??どういうことですか?

う~ん…簡単に説明すると…

変動と固定それぞれが指標にしてる金利「短期金利」「長期金利」があるわよね

はい

それに長期金利っていうのは実態経済より先行して動く特徴があるの

そのあとに実態経済が改善されて政策金利が引き上げられるといった流れになるわけ

う~んと…簡単に言うと…

長期金利の上昇

実態経済の改善

政策金利の引き上げ

短期金利の上昇

ってことですか?

そうそう

っていうことは変動金利が上昇する前に固定金利が上昇しちゃうって話ね

変動金利が上昇するタイミングで固定金利に切り替えても有利な条件で切り替えができないってことになりますよね

そういうこと

実際にね2006年7月に日銀がゼロ金利を解除したときに先行して6月には固定のローン金利がグッとあがったのね

それでその年の10月に変動金利が上がったんだけど返済額に適用されたのが2007年1月なの

そんなにタイムラグがあったんですか?

そう

そういうこともあって金利上昇のタイミングでの変動→固定の切り替えは実現性が低いって話をしたの

なるほど

じゃあ、ご主人さんの固定金利でって意見の方がいいって話になりますよね

まあ…その2つの選択肢で考えるならね…

銀行によっては全期間固定でも金利が2%を切っていたりするから返済面でもそれほど負担にはならないでしょうし

そうですね

固定金利を選ぶメリットでいうとどんなことになるんですか?

まあひとつは金利上昇時でも返済額が変わらないっていう安心感があるわね

そうですね

あとは返済額が変わらないってことは将来の計画、ライフプランを立てやすくなるってことかな

なるほど

今後、子どもが生まれてから掛かる教育費やその他の支出が増えてくることを考えると20年や30年払い続ける住宅ローンの返済が金利に関係なく一定額だったら計画しやすいですよね

ただ、デメリットとして、新築の戸建てやマンションで建物が未完成の場合で融資実行時の金利が住宅ローン申込時より高くなっていて返済計画が狂ってしまうってことね

あとは短期的な視点だけど現状では変動金利より毎月の返済額が多くなるってこと

このあたりに関しては年収や将来発生しうる支出なんかもある程度予測しながら検討しないといけないわね

そうかぁ~現状では固定金利の方が有利かもしれないってことですね

ちょっとこの話を資料にまとめてお客さまに提出してみます

そうね

SNSでもご購読できます。

コメントを残す