住宅ローン審査前の信用情報開示は慎重に!

信用情報、信用情報っと
これでいいのかな?

なに?信用情報がどうかしたの?

あっ、お疲れさまです

今日面談したお客さまなんですけど、すごく心配症な方でして…
住宅ローン申込みの前に旦那さまの信用情報を開示して確認したいと…

なるほどね
で、なんて返したの?

確認してみますとだけ…
でも、実際はどうなんですかねぇ…

そうね
まず、信用情報の開示は金融機関であろうと本人であろうと開示履歴として登録されるの

えっ!そうなんですか

それにね、その履歴は6ヶ月間のあいだ保持されるようになっているわけ

その履歴って金融機関も見ることができるんですか?

できるわよ

ということは…
住宅ローン申込み前に信用情報を開示したら…

そう!金融機関に筒抜けね

でも、情報を開示することが何かまずかったりするんですか?
ましてや本人がしてるわけですよね?

そうね
自分の情報を本人が見るって何も悪いことではないわよね

そうですよね

ただ、これから住宅ローンという大きな金額を融資する側からしたらどうかな?

えっ??融資する側からですか?

そう

そうですねぇ…
まず思いついたのが「ものすごく自分の情報に興味があったのかな」ということと

え~と…あとは…

過去に何かがあって、その情報が載っていないかを確かめてるのかな」ってことですねぇ

そうね
そういった疑いを持ってしまうかもしれないわね

第一、この信用情報自体がそれほど一般的でもないに関わらず、あえて住宅ローンの申込み前に情報を開示するっていうのは何かを疑われてしまう可能性も考えられるわね

なるほど~

「本人による信用情報の開示」を全ての金融機関がネガティブに捉えているかといえばそうではないかもしれないけど、あくまでも可能性の話としてね…

住宅ローンを申込む前に安心しておきたいっていう行動が裏目になるってこともあるわけですよね

う~ん…

「本人による情報開示」が直接、大きな影響を与えるとまではいかないにしても多少の影響はあるかもしれないわね

今日面談した方のご主人さんは収入もしっかりあるし、ヒアリングした段階では他に借入れもないようなので特に心配する要素はないんですけどねぇ…

でも、やっぱりほら
マイホーム購入や住宅ローンなんてものは人生で一度あるかないかくらいのものじゃない

そうなると失敗したくないという思いからいつも以上に慎重になったりするのかもしれないわよ

なるほど
(美穂さんもそれくらい繊細な心を持っていたらなぁ…)

んっ?(ジーーーーーッ)

な、なんですか…

いや、な~んか山田くんの心の声が聞こえたような気がしてね

ちょっ、なにバカなこと言ってるんですか!

何もないですよ…

ふ~ん(ジーーーーーッ)

ははは…
(美穂さん怖ぇ…)

まあいいわ
今話した内容を山田くんなりにまとめてお客さまへ返してあげなさい

分かりました

SNSでもご購読できます。

コメントを残す