住宅ローンと年収の関係!年収の何倍まで借りれるのか?

ん!?
山田くん何読んでんの?

えっ!?あ、いや…

な・ん・で 隠すのかなぁ~?

いや、それは…

ちょっと見せてみ

ちょ、ちょっと

なにこれ?
な~んだ…住宅ローンの本じゃない…

なにがっかりしてんですか!
会社なんですから変な本読んだりするわけないじゃないですか

なに怒ってんのよ?

いや…
(なんか今日の美穂さん気持ち悪いくらいテンション高いなぁ…)

なにこの付箋

勝手に見ないでくださいよ…

え~と
「住宅ローンは年収の何倍まで借りられる?」

いや…
そのページにいろいろ書いてるんですけど実際はどうなのか聞いてみようかなと思って…

そういうことね

で、どうなんですか?

う~ん
「何倍まで」というよりか「いくらまで」っていう考え方をした方が分かりやすいかもしれないわね

「いくらまで」ですか?

ええそうよ

それってどうやって計算すればいいんですか?

まず

①年収 × 返済比率 = (A)
②(A) ÷ 12ヶ月 ÷ (B)100万円あたりの返済額 × 100万円

これで計算できるようになっているの

はあ…

これだけじゃ分かりにくいわよね…
じゃあちょっと具体的に数字を出して計算してみようか

 【計算例】

年収:500万円
返済期間:35年
審査金利:4.0%
返済比率の上限:40%
100万円あたりの返済額:4,427円

①500万円 × 40% = 200万円
②200万円 ÷ 12ヶ月 ÷ 4,427円 × 100万円

答えが3,764万円

3,764万円が借入れの上限ってことですか?

そういうことね

ということは年収の約7倍までは借入れができるってことですね
それと、ちょっと質問なんですけど…

なに?

「年収」と「返済期間」は分かるんですけど「返済比率の上限」「審査金利」「100万円あたりの返済額」はどこから出てきた数字なんですか?

そっか、それを説明してなかったわね

まず「返済比率の上限」「審査金利」主な金融機関が使用しているものを参考にして出した数字で「100万円あたりの返済額」下の表から導き出したものよ

返済早見表(元利均等返済・単位:円)
金利  返済期間
10年 15年 20年 30年 35年
1.5% 8,979  6,207 4,825  3,451  3,061 
2.0%  9,201  6,435  5,058  3,696  3,312 
2.5%  9,426  6,667  5,299  3,951  3,574 
3.0%  9,656  6,905  5,545  4,216  3,848 
3.5%  9,888  7,148  5,799  4,490  4,132 
4.0%  10,124  7,396  6,059  4,774  4,427 
4.5%  10,363  7,649  6,326  5,066  4,732 
5.0%  10,606  7,907  6,599  5,368  5,046

そういうことだったんですね

まあ、だから概算ではあるんだけどね…

でもひとつの指標にはなりますよね

そうね
でもこれはあくまでも年収に対していくらまで借入することができるかという部分だけでしか見ていないから、他に返済があったり将来発生するであろう返済についてはまったく考慮してないの

だからもう少し現状の収支ライフプラン的なものなんかも踏まえて計算しないと住宅ローンの返済ができなくなるってことも考えられる

それと金融機関によって「返済比率の上限」「審査金利」が変わってくるからその点は注意が必要ね

あ、そうか

ただいくら借入れできるから大丈夫ですよっていうだけじゃなくもう少し突っ込んだでヒアリングをしてプランを作らないといけないってことですね

そういうこと

SNSでもご購読できます。

コメントを残す